トップダウンで考える臨床動作分析
– 運動と現象から臨床を紐解く –

UPDATE - 2021.1.20
  • 日程

    終日視聴可能

     

    受付時間 - 終日
講師 鈴木俊明 先生 
形式 アーカイブ受講
参加費 16,500円(税込)
お支払い方法 銀行振込 / クレジット決済
備考欄 ・セミナー動画の視聴はリハデミー”無料会員”登録が必要ですので、視聴前にご登録よろしくお願いいたします。

DETAIL

概要

【配信に関して】
アーカイブ受講のため、以前開催したセミナー動画をメールにてお送りします。
お申し込み後に決済情報と動画URL,資料ダウンロードURLを配信します。
URLからお手続き、ご視聴いただけますので、ぜひご利用ください。

 

 

【講義概要】
動作分析は、セラピストの評価として非常に大事である。
この動作分析を間違えると正しい機能障害を捉えることができなくなる。
正しい問題点の把握が正しい治療につながると考えると、
動作分析の能力を高めることが我々の必須の条件となる。
今回、臨床動作分析が的確にできるようになるための方法を教授したい。

 

 

【講義内容】
■第1講座:動作分析を行う動作をどのように選択するか
■第2講座:動作分析を行うために理解してほしい”運動と現象”(1)
■第3講座:動作分析を行うために理解してほしい”運動と現象”(2)
■第4講座: 座位の姿勢分析・立ち上がり動作の動作分析
■第5講座:立ち上がり動作と着座動作との関係
■第6講座:歩行の動作分析 立位からの歩行に至る動作分析
■第7講座:歩行の動作分析-立脚期の動作分析-
■第8講座:歩行の動作分析-遊脚期の動作分析-

SPEAKER

講師紹介
理学療法士
関西医療大学大学院 研究科長 教授

鈴木俊明先生

オンラインセミナーのお申し込みに際しての注意点

  1. 入場受付は開講時刻の30分前より開始致します。
  2. オンラインセミナーの場合、実名でのご参加をお願いしております。
    アカウント名を実名に変更いただき、時間に余裕を持ってご参加ください。
  3. セミナーの定員がある場合は、先着順となります。
    お申し込み後のご入金は3日以内をお願いしております。
    銀行振込での決済の場合は確認にお時間をいただくため即時ご案内送付ができない場合がございます。
    ご入金が確認できない場合は、セミナー詳細のご案内が配信されませんのでご注意ください。

    ご入金後5営業日以内に当事務局よりご案内がない場合は、お手数ですが
    その旨をご連絡いただきますようお願い申し上げます。
    なお、ご入金後のキャンセルを承れるのは開催日10日前の18時までとさせていただきます。
    期日以降のキャンセルおよび当日欠席された場合、
    いかなるご理由でものご返金は致しかねますのでご了承ください。

    ご返金の際には事務手数料(受講料の10%)と振り込み手数料をお客様のご負担とさせていただきます。
    なお、ご返金時期に関しましては当月の月末(25~30日の間)でのご対応となります。
    予めご了承ください。ご返金後はこちらから完了メールをお送りしますのでご確認ください。
  4. お申し込みと同時に自動返信メールが届きます。
    迷惑フォルダ等に分類される場合がございますので、ご確認をお願いいたします。
    届かない方はお手数ですが、弊社HPのお問い合わせフォームから
    ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
  5. 弊社オンラインセミナーでは復習用動画として、収録動画を配布することがありますが、
    動画の切り抜き・転載、譲渡は固く禁じております。なお、あくまで参加特典でございますので、
    資料、動画をお配りできない場合もございますし、急遽視聴期限が設定されることもございます。
    その際のクレーム等は一切受け付けておりませんので、ご了承ください。
  6. 特典の復習用動画に関しては、セミナー終了後、約5~7日程度で皆様へメールでご案内いたします。
  7. セミナーの復習用動画、アーカイブ受講にて配布する動画は、
    弊社オンライン学習サイト「リハデミー」の無料会員登録もしくは有料会員登録が必要となります。
  8. 領収書は開催後にメールにてご案内をお送りします。ご希望の方は専用フォームよりご連絡ください。
  9. 諸般の事情により日程が変更になる際は速やかにメールにてご連絡を差し上げます。
  10. オンラインセミナー開催時には収録・撮影が入ります。ご参加いただく場合、
    撮影許可を頂いたこととさせていただきます。あらかじめご了承ください。
前の記事

Pusher現象に関する脳卒中後リハビリテーション

次の記事

地域理学療法学