脳卒中後の痙縮の病態理解と介入戦略

UPDATE - 2021.9.27
  • 日程

    11月26日(金),12月3日(金),10日(金),17日(金),20日(月),27日(月)

    20:00~21:30予定

    受付時間 - 30分前から
講師 山口智史 先生 中村潤二 先生 中村学 先生 関口雄介 先生 
形式 ZOOMオンラインセミナー
参加費 5500円(税込)
お支払い方法 銀行振込 / クレジット決済
備考欄 ・復習用動画の視聴は
 リハデミー”無料会員”登録が必要です。
 視聴前に必ずご登録ください。
・セミナー後別途30分間質疑応答の
 お時間を設けております。

DETAIL

概要

【講習会概要】
脳卒中などの中枢神経損傷後に生じる痙縮は運動や動作を障害するため、理学療法士や作業療法士が対応すべき諸問題の1つである。

 

しかしその治療は画一的に行われていることが多く、痙縮の病態に応じた治療が行われているとは言い難いと思われる。

 

本講義では、痙縮や痙性麻痺の病態、評価、治療、管理に関して、臨床での意思決定に繋がる内容を全6回にわたり概説する。

 

【講座内容】
■第1講座
 痙縮の病態と疫学
講師:山口 智史 先生
座長:中村 潤二 先生

 

<学習目標>
・痙縮の発生機序と病態を理解する
・痙縮の疫学情報から
 病態と発生する問題を理解する

 

<学習内容>
痙縮は、中枢神経系の傷害が起因となるが、神経系だけでなく筋骨格系など複数の要因が複雑に影響した病態を呈している。

 

本講義では、これまでの痙縮の病態に関する情報を整理し、神経疾患の発症直後から生活期までの経過のなかで、痙縮がどのような病相を呈しているのか神経生理学的、解剖学的、そして疫学的視点から解説する。

 

【講座内容】
■第2講座
 痙縮と運動・動作障害
講師:山口 智史 先生
座長:関口 雄介 先生

 

<学習目標>
・運動、動作中の痙性麻痺の病態を理解する

 

<学習内容>
痙縮を伴う運動麻痺を痙性麻痺という。この痙性麻痺は、運動や動作を阻害することで、日常生活活動を低下させる。

 

本講義では、運動や動作中の痙性麻痺の病態を整理することで、痙縮による運動や動作障害(spastic movement disorders)における問題を神経生理学的および運動学的視点から解説する。

 

【講座内容】
■第3講座
 痙縮の評価
講師:中村 潤二 先生
座長:中村 学 先生

 

<学習目標>
・痙縮の臨床的評価について理解する
・痙縮の神経生理学的評価について理解する

 

<学習内容>
痙縮は神経系の要因と末梢組織の要因から構成される。その複雑な病態解釈には各臨床評価や神経生理学的評価の特性を理解することが重要である。

 

本講義では、痙縮の特に安静時における臨床評価や神経生理学的評価について解説する。

 

【講座内容】
■第4講座
 痙縮に対する物理療法を活用した
 リハビリテーション治療
講師:中村 潤二 先生
座長:山口 智史 先生

 

<学習目標>
・痙縮に対する電気刺激療法などの
 物理療法を用いた治療意義について理解する

 

<学習内容>
痙縮に対する治療の一つに物理療法があり、特に電気刺激療法は各ガイドラインにおいて使用することが推奨されている。痙縮の治療を行うにあたっては、痙縮の病態を踏まえ、各物理療法の特性を活かして運動療法と併用した介入を行う必要があると考えられる。

 

本講義では先行研究をレビューし、痙縮に対する物理療法を活用した治療戦略について解説する。

 

【講座内容】
■第5講座
 痙縮に対する装具療法および
 運動療法によるリハビリテーション治療
講師:中村 学 先生
座長:中村 潤二 先生

 

<学習目標>
・痙縮や痙縮動作障害に対する
 理学療法アプローチのポイントを理解する
・臨床での装具療法や
 運動療法の実践方法を理解する

 

<学習内容>
リハビリテーションにおいては単に痙縮に対してアプローチするだけでなく、痙縮動作障害に対しても評価・治療しながら動的な運動課題を組み立てていく必要がある。

 

本講義では痙縮の病態や評価、管理を踏まえて装具療法や運動療法の実践方法について紹介する。

 

【講座内容】
■第6講座
 痙性麻痺、痙縮の管理
講師:関口 雄介 先生
座長:中村 潤二 先生

 

<学習目標>
・痙性麻痺、痙縮や拘縮が日常生活動作に
 及ぼす影響について理解する
・痙縮治療について理解する
・歩行可能な症例と歩行困難な
 症例の痙縮の管理について理解する

 

<学習内容>
痙縮や拘縮が、生体力学的観点から日常生活動作にどのような影響を与えているのかを学習する。

 

また、種々の痙縮治療の効果や副作用を理解し、その上で歩行可能な症例、歩行困難な症例に分け、理学療法士がどのようなアプローチで痙縮の管理に関わるのかを学習する。

SPEAKER

講師紹介
順天堂大学 保健医療学部
理学療法学科 先任准教授

山口智史先生

医療法人 友紘会
西大和リハビリテーション病院 リハビリテーション部 主任
畿央大学大学院健康科学研究科 客員准教授

中村潤二先生

済生会東神奈川リハビリテーション病院
リハビリテーションセラピスト部
理学療法士

中村 学先生

東北大学病院リハビリテーション部
理学療法士

関口雄介先生

オンラインセミナーのお申し込みに際しての注意点

  1. 入場受付は開講時刻の30分前より開始致します。
  2. セミナーの定員がある場合は、先着順となります。
    お申し込み後のご入金は3日以内をお願いしております。
    銀行振込での決済の場合は確認にお時間をいただくため即時ご案内送付ができない場合がございます。
    ご入金が確認できない場合は、セミナー詳細のご案内が配信されませんのでご注意ください。

    ご入金後5営業日以内に当事務局よりご案内がない場合は、お手数ですが
    その旨をご連絡いただきますようお願い申し上げます。
    なお、ご入金後のキャンセルを承れるのは開催日10日前の17時半までとさせていただきます。
    期日以降のキャンセルおよび当日欠席された場合、
    いかなるご理由でものご返金は致しかねますのでご了承ください。

    ご返金の際には事務手数料(振込手数料込み)としまして
    受講料の10%をお客様のご負担とさせていただきます。
    手数料10%を差し引いた金額を入金致しますのでご了承ください。
    なお、ご返金時期に関しましては当月の月末(25~30日の間)でのご対応となります。
    ご返金後はこちらから完了メールをお送りします。
  3. お申し込みと同時に自動返信メールが届きます。
    迷惑フォルダ等に分類される場合がございますので、ご確認をお願いいたします。
    届かない方はお手数ですが、弊社HPのお問い合わせフォームから
    ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
  4. 弊社オンラインセミナーでは復習用動画として、収録動画を配布することがありますが、
    動画の転載、譲渡は固く禁じております。なお、あくまで参加特典でございますので、
    資料、動画をお配りできない場合もございます。
    その際のクレーム等は一切受け付けておりませんので、ご了承ください。
  5. 後日(3~7日程度)、復習用動画を皆様へメールでご案内いたします。
  6. セミナーの復習用動画、アーカイブ受講にて配布の動画は、
    弊社オンライン学習サイト「リハデミー」の無料会員登録もしくは有料会員登録が必要となります。
  7. 領収書は開催後にメールにてご案内をお送りします。
  8. 諸般の事情により日程が変更になる際は速やかにメールにてご連絡を差し上げます。
  9. オンラインセミナー開催時には収録・撮影が入ります。ご参加いただく場合、
    撮影許可を頂いたこととさせていただきます。あらかじめご了承ください。
前の記事

解剖学における基本と前提、その学び方-臨床に繋げるために-

次の記事

地域理学療法学 〜Evidence ‐ based Medicineの実践(目標設定とアウトカム評価)〜