【アーカイブ】子どもの発達支援に必要な発達評価の視点

UPDATE - 2022.3.6
  • 日程

    終日視聴可能

    受付時間 - 終日
講師 樋室伸顕 先生 儀間裕貴 先生 東周平 先生 山西葉子 先生 松島佳苗 先生 楠本泰士 先生 
形式 アーカイブ受講
参加費 6,600円(税込)
お支払い方法 銀行振込 / クレジット決済
備考欄 ・本ページの下部「お申し込みに際しての注意点」
 をご確認ください。
・資料は第5回目を除いて配布いたします。

DETAIL

概要

【配信に関して】アーカイブ受講のため、以前開催したセミナー動画をメールにてお送りします。お申し込み後に決済情報と動画URLを配信します。お手続きいただきご利用ください。

 

 

【講習会概要】
本セミナーでは、小児期特有の疾患に関わるセラピストにとって有用となる評価の視点について、全6回の講座を通じて解説します。
1)小児リハビリテーションおよび発達支援に必要な発達評価の視点
2)臨床においてよく用いられている評価方法に関する最近の動向
3)発達評価の結果の理解と具体的な支援への展開
上記3点について解説し、基礎的な知識を整理するとともに、理解を深めます。

 

【講習会目標】
本セミナーの狙いは、受講者に「小児リハビリテーションにおける各種評価を用いる際、その評価を行う意義や結果を適切に理解し、そして介入への応用について思考を深めていただくこと」です。

そのために、まず第1回では特に子どもの発達支援に必要となる発達評価の考え方、用いるべき評価法の調べ方や選び方、評価結果の適切な解釈の仕方などについて解説します。

 

また、第2回~第5回については、ライフステージや主要な疾患別における各種評価の用い方や結果の理解の仕方について解説し、第6回では子どものADLを評価する視点を広く解説します。各回を通して、子どもの発達状況やおかれている環境を適切かつ具体的に評価する(できる)ことが、子どもの発達を支援することそのものに直結し、評価結果の適切な理解・応用が重要であることについて思考を深めて欲しいと思います。

 

【講座内容】
第1講座
発達支援につなげる発達評価の視点
講師:樋室 伸顕 先生

<学習目標>
小児リハビリテーション介入をより効果的なものにするための評価法の考え方を理解する。

 

<学習内容>
1. 評価の必要性(Family-Centered CareとShared Decision Making)
2. 評価法の選択(ICFと文献検索)
3. 評価法の特性(信頼性、妥当性、反応性、解釈可能性)と結果の解釈

 

【講座内容】
第2講座
新生児理学療法における発達評価の視点
講師:儀間 裕貴 先生

<学習目標>
新生児、低出生体重児、ハイリスク児に対する神経行動学的評価の基本的な考え方を理解する。

 

<学習内容>
1. General Movements Assessment(PrechtlのGMs観察法)
2. Neonatal Behavioral Assessment Scale(NBAS,Brazelton新生児行動評価)
3. Hammersmith Neonatal Neurological Examination(Dubowitz新生児神経学的評価法)
4. 各種評価に基づいた介入の考え方

 

【講座内容】
第3講座
脳性麻痺をもつ子どもの発達評価の視点
講師:東 周平 先生

<学習目標>
脳性麻痺をもつ子どもに対する評価と介入へのつなげ方を理解する。

 

<学習内容>
1. 脳性麻痺の定義と麻痺分類
2. 脳性麻痺の機能分類
3. 機能分類と評価:成長曲線の解釈に基づく介入の考え方

 

【講座内容】
第4講座
神経発達症をもつ子どもの発達評価の視点:運動機能面に焦点をあてて
講師:山西 葉子 先生

<学習目標>
神経発達症児に対する代表的な運動機能および感覚機能評価について学び、 子どもの臨床像を理解する

 

<学習内容>
1. 神経発達症児を対象とする運動機能評価、感覚機能評価の視点
2. 運動機能評価の背景と臨床応用
 :Japanese version of Miller Assessment for Preschoolers(JMAP),JPAN感覚処理・行為機能検査等
3. 感覚機能評価の背景と臨床応用:日本版感覚プロファイル, 視知覚系の評価も含む
4. まとめ(模擬事例の紹介)

 

【講座内容】
第5講座
神経発達症をもつ子どもの発達評価の視点:認知機能面や社会的スキルに焦点をあてて
講師:松島 佳苗 先生

<学習目標>
代表的な認知機能検査や行動の評価について学び、子どもの臨床像を理解する。

 

<学習内容>
1. 認知機能や適応行動(社会的スキル)を評価する上で大切にしたい視点
2. 認知機能の評価:Wechsler Intelligence Scale for Children 等
 理論的背景とリハビリテーションへの活用
3. 自閉スペクトラム症の行動評価:質問紙と行動観察
4. まとめ(模擬事例の紹介)

 

【講座内容】
第6講座
子どものADLを評価する視点
講師:楠本 泰士 先生

<学習目標>
小児や成人分野でのADL評価の現状を理解し、小児疾患におけるADL評価を実施できる。

 

<学習内容>
1. 成人分野で使用されるADL評価
2. 小児分野で使用されるADL評価
3. PEDIの活用と応用

SPEAKER

講師紹介
理学療法士
札幌医科大学医学部公衆衛生学講座

樋室伸顕先生

理学療法士
東京都立大学健康福祉学部理学療法学科

儀間裕貴先生

理学療法士
北九州市立総合療育センター

東周平先生

作業療法士
東京都立大学健康福祉学部作業療法学科

山西葉子先生

作業療法士
関西医科大学リハビリテーション学部作業療法学科

松島佳苗先生

理学療法士
福島県立医科大学保健科学部理学療法学科

楠本泰士先生

オンラインセミナーのお申し込みに際しての注意点

  1. 入場受付は開講時刻の1時間前より開始致します。
  2. オンラインセミナーの場合、実名でのご参加をお願いしております。
    アカウント名を実名に変更いただき、時間に余裕を持ってご参加ください。
  3. セミナーの定員がある場合は、先着順となります。
    お申し込み後のご入金は3日以内をお願いしております。
    銀行振込での決済の場合は確認にお時間をいただくため即時ご案内送付ができない場合がございます。
    ご入金が確認できない場合は、セミナー詳細のご案内が配信されませんのでご注意ください。

    ご入金後5営業日以内に当事務局よりご案内がない場合は、お手数ですが
    その旨をご連絡いただきますようお願い申し上げます。
    なお、ご入金後のキャンセルを承れるのは開催日10日前の18時までとさせていただきます。
    期日以降のキャンセルおよび当日欠席された場合、
    いかなるご理由でものご返金は致しかねますのでご了承ください。

    ご返金の際には事務手数料(受講料の10%)と振り込み手数料をお客様のご負担とさせていただきます。
    なお、ご返金時期に関しましては当月の月末(25~30日の間)でのご対応となります。
    予めご了承ください。ご返金後はこちらから完了メールをお送りしますのでご確認ください。
  4. お申し込みと同時に自動返信メールが届きます。
    迷惑フォルダ等に分類される場合がございますので、ご確認をお願いいたします。
    届かない方はお手数ですが、弊社HPのお問い合わせフォームから
    ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
  5. 弊社オンラインセミナーでは復習用動画として、収録動画を配布することがありますが、
    動画の切り抜き・転載、譲渡は固く禁じております。なお、あくまで参加特典でございますので、
    資料、動画をお配りできない場合もございますし、急遽視聴期限が設定されることもございます。
    その際のクレーム等は一切受け付けておりませんので、ご了承ください。
  6. 特典の復習用動画に関しては、セミナー終了後、約5~7日程度で皆様へメールでご案内いたします。
  7. セミナーの復習用動画、アーカイブ受講にて配布する動画は、
    弊社オンライン学習サイト「リハデミー」の無料会員登録もしくは有料会員登録が必要となります。
  8. 領収書は開催後にメールにてご案内をお送りします。ご希望の方は専用フォームよりご連絡ください。
  9. 諸般の事情により日程が変更になる際は速やかにメールにてご連絡を差し上げます。
  10. オンラインセミナー開催時には収録・撮影が入ります。ご参加いただく場合、
    撮影許可を頂いたこととさせていただきます。あらかじめご了承ください。
前の記事

【アーカイブ】病態理解に基づくパーキンソン病のリハビリテーション

次の記事

【アーカイブ】糖尿病に対する理学療法アプローチ