【10月17日開催他】運動学習研究の最新の知見と臨床での活かし方

UPDATE - 2022.8.21
  • 日程

    2022年10月17,24日(月)11月11,18日(金)21日(月)30日(水)12月7日(水)15日(木)

    20時00分~21時30分 ※質疑応答は別途30分を予定

    受付時間 - 30分前から
講師 川崎 翼 先生 濵田裕幸 先生 秋月千典 先生 鈴木博人 先生 菅田陽怜 先生 金 起徹 先生 
形式 ZOOMオンラインセミナー
参加費 8,800円(税込)
お支払い方法 銀行振込 / クレジット決済
備考欄 ・本ページの下部「お申し込みに際しての注意点」
 をご確認ください。
・全講義配布資料があります。
 ※変更になる場合がございます。

DETAIL

概要

【講習会概要】
運動学習とは,永続的な動作やスキル獲得のためのプロセスである。臨床リハビリテーションにおいて、歩行能力や日常生活能力の改善には、この運動学習を促す手続きが必要となる。すなわち、運動学習に関する知識とその実践方法を学ぶことは、リハビリテーションの効果を高めることに直結する。しかしながら、リハビリテーション対象者は、脳やその他の身体の変調または病態を有しているため、健常人のように運動学習が円滑に進まないことがある。また、健常人の運動学習では有効とされる知見が、リハビリテーション対象者には応用できない場合があることも知られている。そこで今回、こういった課題を解決すべく、リハビリテーション対象者の運動学習を促すための手続きを体系的に学ぶための講座を企画した。

 

 

【講習会目標】
各講座は、運動学習に関する知識を体系的かつ網羅的に学ぶことができるよう配慮されている。
運動学習を理解する上で必要な基本的知識(第1講座)を提示する。第1講座を踏まえた第2,3,5,6講座では、臨床で利用可能な運動学習を促すための具体的な介入方法(ニューロモジュレーション、認知的介入、言語教示・練習計画、目的指向型トレーニング)を提示する。第4,7講座では、運動学習効率に影響する背景として、精神状況や神経活動に関する内容を提示する。最後の第8講座では、これまで学んだ運動学習に関する知識がどのように臨床で用いられているのか理解を深めるために実症例を提示する。
本講座を通じて、対象者の運動学習が効果的に支援できるよう、運動学習に関する知識を深く理解してもらいたい。

 

 

【講座内容】
■第1講座
リハビリテーションにおける運動学習の基礎知識
講師:川崎 翼 先生

 

<学習内容>
・運動学習の定義
・運動学習理論について
・運動学習に関する基本的用語

 

<学習目標>
各講座を円滑に学び、深く理解するために必要な運動学習に関する定義、理論、基本的な用語を理解する。

 

 

■第2講座
運動学習を促すニューロモジュレーション技術の理論と実際
講師:濵田 裕幸 先生

 

<学習内容>
・ニューロモジュレーション手法の種類と特徴
・運動学習に対するニューロモジュレーションによる介入戦略
・ニューロモジュレーション介入による運動学習への効果と課題

 

<学習目標>
種々のニューロモジュレーション手法の特徴とその効果、注意点を理解する。

 

 

■第3講座
運動学習を促す認知的介入
講師:川崎 翼 先生

 

<学習内容>
・運動イメージ介入による運動学習効果
・運動観察療法による運動学習効果
・運動イメージ介入、運動観察療法を効果的に行うための考え方と工夫

 

<学習目標>
身体運動を伴うことなく行える認知的介入の概要(効果)と具体的な方法を理解する。

 

 

■第4講座
運動学習効果に影響する精神的要因
講師:秋月 千典 先生

 

<学習内容>
・運動学習に影響を与える精神的要因
・動機づけについて
・内発動機づけに焦点を当てたアプローチ

 

<学習目標>
学習者の精神的要因が運動学習に与える影響及び精神的要因を考慮に入れたアプローチ方法を理解する。

 

 

■第5講座
運動学習を促す言語教示の仕方と練習計画方法
講師:鈴木 博人 先生

 

<学習内容>
・Focus of attentionについて
・言語強化について
・練習計画法に関する運動学習効果について

 

<学習目標>
声がけ(言語教示・言語強化)および練習計画法について運動学習理論の観点から理解する。

 

 

■第6講座
運動学習の知見を活かした目的指向型トレーニングの設定方法
講師:秋月 千典 先生

 

<学習内容>
・目的指向型トレーニングについて
・課題の設定方法
・課題難易度の調整方法

 

<学習目標>
目的指向型トレーニングの概要とその実践方法(課題設定、練習強度、課題難易度の調整方法)を理解する。

 

 

■第7講座
運動学習に関連する神経活動
講師:菅田 陽怜 先生

 

<学習内容>
・各種運動学習に関わる脳内神経機構について
・運動学習による脳活動の変化について
・脳領域の変調による運動学習の変化について

 

<学習目標>
運動学習に関わる脳内の神経機構について理解する。

 

 

■第8講座
運動学習理論を用いたリハビリテーション介入の実際(整形外科疾患・中枢神経疾患)
講師:金 起徹 先生

 

<学習内容>
・評価方法について
・介入方針について
・適応と限界について

 

<学習目標>
症例に対して運動学習理論を用いるために必要な評価、方法について理解する。

SPEAKER

講師紹介
理学療法士
東京国際大学医療健康学部理学療法学科准教授

川崎翼先生

理学療法士
東京大学 大学院工学

濵田裕幸先生

理学療法士
目白大学保健医療学部理学療法学科 講師

秋月千典先生

理学療法士
東北文化学園大学
医療福祉学部リハビリテーション学科

鈴木博人先生

理学療法士
大分大学 福祉健康科学部
理学療法コース 准教授

菅田陽怜先生

理学療法士
川口脳神経外科リハビリクリニック

金 起徹先生

オンラインセミナーのお申し込みに際しての注意点

  1. 入場受付は開講時刻の1時間前より開始致します。
  2. オンラインセミナーの場合、実名でのご参加をお願いしております。
    アカウント名を実名に変更いただき、時間に余裕を持ってご参加ください。
  3. セミナーの定員がある場合は、先着順となります。
    お申し込み後のご入金は3日以内をお願いしております。
    銀行振込での決済の場合は確認にお時間をいただくため即時ご案内送付ができない場合がございます。
    ご入金が確認できない場合は、セミナー詳細のご案内が配信されませんのでご注意ください。

    ご入金後5営業日以内に当事務局よりご案内がない場合は、お手数ですが
    その旨をご連絡いただきますようお願い申し上げます。
    なお、ご入金後のキャンセルを承れるのは開催日10日前の18時までとさせていただきます。
    期日以降のキャンセルおよび当日欠席された場合、
    いかなるご理由でものご返金は致しかねますのでご了承ください。

    ご返金の際には事務手数料(受講料の10%)と振り込み手数料をお客様のご負担とさせていただきます。
    なお、ご返金時期に関しましては当月の月末(25~30日の間)でのご対応となります。
    予めご了承ください。ご返金後はこちらから完了メールをお送りしますのでご確認ください。
  4. お申し込みと同時に自動返信メールが届きます。
    迷惑フォルダ等に分類される場合がございますので、ご確認をお願いいたします。
    届かない方はお手数ですが、弊社HPのお問い合わせフォームから
    ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
  5. 弊社オンラインセミナーでは復習用動画として、収録動画を配布することがありますが、
    動画の切り抜き・転載、譲渡は固く禁じております。なお、あくまで参加特典でございますので、
    資料、動画をお配りできない場合もございますし、急遽視聴期限が設定されることもございます。
    その際のクレーム等は一切受け付けておりませんので、ご了承ください。
  6. 特典の復習用動画に関しては、セミナー終了後、約5~7日程度で皆様へメールでご案内いたします。
  7. セミナーの復習用動画、アーカイブ受講にて配布する動画は、
    弊社オンライン学習サイト「リハデミー」の無料会員登録もしくは有料会員登録が必要となります。
  8. 領収書は開催後にメールにてご案内をお送りします。ご希望の方は専用フォームよりご連絡ください。
  9. 諸般の事情により日程が変更になる際は速やかにメールにてご連絡を差し上げます。
  10. オンラインセミナー開催時には収録・撮影が入ります。ご参加いただく場合、
    撮影許可を頂いたこととさせていただきます。あらかじめご了承ください。
前の記事

【10月19日他開催】リハビリテーションにおける最新技術と工学的知識の応用

次の記事

【10月4日他開催】就労支援実践講座