病態理解に基づくパーキンソン病のリハビリテーション

UPDATE - 2021.10.27
  • 日程

    2022年1月14日(金),28日(金)、2月18日(金),25日(金)、3月11日(金),25日(金)

    20:00~21:30予定

    受付時間 - 30分前から
講師 青木良磨 先生 奥埜博之 先生 菊地豊 先生 白石眞 先生 三上恭平 先生 
形式 ZOOMオンラインセミナー
参加費 5,500円(税込)
お支払い方法 銀行振込 / クレジット決済
備考欄 ・第4講義の奥埜博之先生は、
 ライブ配信のみになりますので
 ご了承ください。
(復習用動画の配信はございません)
・復習用動画の視聴は
 リハデミー”無料会員”登録が必要です。
 視聴前に必ずご登録ください。
・セミナー後別途30分間質疑応答の
 お時間を設けております。

DETAIL

概要

【講習会概要】
パーキンソン病の患者数は高齢化率とともに増加傾向であり、有病率は神経変性疾患の中でもアルツハイマー病についで2番目に多い。すなわちパーキンソン病は今後ますます、理学療法士や作業療法士の対象疾患として増加すると予測される。

 

パーキンソン病のリハビリテーションは、薬物療法など他の治療と組み合わせて行なう事が不可欠であり、適切なリハビリテーションを提供するためには広範な神経変性に基づく複雑な病態を理解した上で、リハビリテーションの種類、治療目標、症状に応じたリハビリテーションプログラムの選択をすることが必要となる。

 

本講座では、パーキンソン病の病態、広範な症状、治療、unmet clinical needsへの対応、実生活場面の管理や指導について、全6回に渡り説明する。

 

【講座内容】
■第1講座
 パーキンソン病の
 病態理解とリハビリテーション
講師:菊地 豊 先生
座長:三上 恭平 先生

 

<学習内容>
パーキンソン病の中核的病理所見は中脳黒質のドパミン神経細胞の変性であるが、その病理は黒質ドパミン神経細胞以外の広範な部位にも及ぶ多系統変性疾患である。

 

本講座では広範な神経変性とその神経ネットワークの異常について解説し、パーキンソン病の四大徴候を中心に神経生理学的視点から解説を行う。

 

【講座内容】
■第2講座
 パーキンソン病の運動症状、
 非運動症状とリハビリテーション
講師:三上 恭平 先生
座長:奧埜 博之 先生

 

<学習内容>
パーキンソン病の中核症状は運動症状であり、多くが無動(もしくは動作緩慢)、振戦、筋強剛、姿勢反射障害の四大徴候で気づかれ診断される。

 

しかしながら、パーキンソン病の症状には多彩な非運動症状もあり、広範な症状のスペクトラムを呈する疾患である。さらに運動症状と非運動症状が関連する症状もあり、全体的な解釈も必要となる。

 

本講座では、パーキンソン病の運動症状と非運動症状を解説し、実地臨床で観察される様々な症状の解釈について説明する。

 

【講座内容】
■第3講座
 パーキンソン病の内科的治療、
 外科的治療とリハビリテーション
講師:白石 眞 先生
座長:三上 恭平 先生

 

<学習内容>
パーキンソン病治療の主軸は薬物療法にとよる内科的治療であり、リハビリテーションを行なう際にも薬物療法の基礎知識が重要となる。

 

また進行期以降のパーキンソン病患者の症状には、抗パーキンソン病薬投与に関連して惹起されるものや増悪する症状もあるため、出現している症状と薬物療法との関係性の理解も必要となる。

 

外科的治療には、脳深部刺激療法(DBS)とレボドパ・カルビドパ経腸用液療法(LCIG)がある。このうちDBSは2000年に保険適応されてから、可逆性や調節性があることから、薬物療法で改善不十分な運動合併症(wearing offやジスキネジア)の改善を目的に数多く行われている。

 

一方、認知機能低下などの合併症の報告もあり、薬物療法と同様、リスクとベネフィットの関係を考慮したテーラーメイドの治療が必要となる。

 

本講座では、パーキンソン病に対する内科的治療と外科的治療について解説し、リハビリテーションに期待することを医師の立場から示す。

 

【講座内容】
■第4講座
 パーキンソン病のunmet clinical needsと
 リハビリテーション:すくみ足
講師:奥埜 博之 先生
座長:青木 良磨 先生

 

<学習内容>
パーキンソン病には抗パーキンソン病薬に抵抗性で改善しにくい症状があり、それらの症状はunmet clinical needsと表現される。オン時に生じるすくみ足はその代表例であり、歩行開始や方向転換時、心理的に切迫しているときなど日常生活の様々な状況で生じるため、患者のQOLに大きな影響を与える。

 

本講座では、パーキンソン病患者のすくみ足について臨床像と病態について解説し、臨床評価やリハビリテーションプログラムを提示する。

 

※第4講義はライブ配信のみとなりますのでご了承ください。(復習用動画の配信はございません)

 

【講座内容】
■第5講座
 パーキンソン病のunmet clinical needsと
 リハビリテーション:姿勢異常
講師:三上 恭平 先生
座長:奧埜 博之 先生

 

<学習内容>
多くのパーキンソン病患者は、前屈前傾の特徴的な姿勢を示すが、その他にも極度の腰曲がりや斜め徴候などの特徴的な姿勢を呈する。これらの姿勢異常は患者のADLやQOLに影響するため治療のニーズが高いが、すくみ足と同様に抗パーキンソン病薬に抵抗性である。

 

本講座では、パーキンソン病患者の姿勢異常の臨床像と病態について解説し、臨床評価やリハビリテーションプログラムを提示する。

 

【講座内容】
■第6講座
 パーキンソン病の
 生活環境とリハビリテーション
講師:青木 良磨 先生
座長:菊地 豊 先生

 

<学習内容>
パーキンソン病患者の多くは在宅生活を送っており、実生活場面では診察時やリハビリテーション時には出現しない様々な問題が出現する。その背景には生活環境特有の問題が影響していることが多く、生活環境を含めた生活全体の構成を把握した上で、環境調整、教育、生活指導することが重要となる。

 

本講座では、患者の実生活場面で出現する様々な現象とその背景にある病態を解説し、リハビリテーションスタッフとして対応すべき点について説明する。

SPEAKER

講師紹介
医療法人社団神天会
登戸内科・脳神経クリニック リハビリテーション科
作業療法士

青木良磨先生

摂南総合病院 リハビリテーション 科 科長

奥埜博之先生

公益財団法人 脳血管研究所附属美原記念病院
神経難病リハビリテーション課
理学療法士

菊地豊先生

聖マリアンナ医科大学
脳神経内科 准教授

白石眞先生

医療法人社団神天会
登戸内科・脳神経クリニック リハビリテーション科 科長
神経・筋認定理学療法士

三上恭平先生

オンラインセミナーのお申し込みに際しての注意点

  1. 入場受付は開講時刻の30分前より開始致します。
  2. セミナーの定員がある場合は、先着順となります。
    お申し込み後のご入金は3日以内をお願いしております。
    銀行振込での決済の場合は確認にお時間をいただくため即時ご案内送付ができない場合がございます。
    ご入金が確認できない場合は、セミナー詳細のご案内が配信されませんのでご注意ください。

    ご入金後5営業日以内に当事務局よりご案内がない場合は、お手数ですが
    その旨をご連絡いただきますようお願い申し上げます。
    なお、ご入金後のキャンセルを承れるのは開催日10日前の17時半までとさせていただきます。
    期日以降のキャンセルおよび当日欠席された場合、
    いかなるご理由でものご返金は致しかねますのでご了承ください。

    ご返金の際には事務手数料(振込手数料込み)としまして
    受講料の10%をお客様のご負担とさせていただきます。
    手数料10%を差し引いた金額を入金致しますのでご了承ください。
    なお、ご返金時期に関しましては当月の月末(25~30日の間)でのご対応となります。
    ご返金後はこちらから完了メールをお送りします。
  3. お申し込みと同時に自動返信メールが届きます。
    迷惑フォルダ等に分類される場合がございますので、ご確認をお願いいたします。
    届かない方はお手数ですが、弊社HPのお問い合わせフォームから
    ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
  4. 弊社オンラインセミナーでは復習用動画として、収録動画を配布することがありますが、
    動画の転載、譲渡は固く禁じております。なお、あくまで参加特典でございますので、
    資料、動画をお配りできない場合もございます。
    その際のクレーム等は一切受け付けておりませんので、ご了承ください。
  5. 後日(3~7日程度)、復習用動画を皆様へメールでご案内いたします。
  6. セミナーの復習用動画、アーカイブ受講にて配布の動画は、
    弊社オンライン学習サイト「リハデミー」の無料会員登録もしくは有料会員登録が必要となります。
  7. 領収書は開催後にメールにてご案内をお送りします。
  8. 諸般の事情により日程が変更になる際は速やかにメールにてご連絡を差し上げます。
  9. オンラインセミナー開催時には収録・撮影が入ります。ご参加いただく場合、
    撮影許可を頂いたこととさせていただきます。あらかじめご了承ください。
前の記事

臨床で必要な手外科に対するセラピィの基礎知識

次の記事

明日の臨床に活かすための関節可動域制限の科学