疼痛へのアプローチ
– 科学的根拠に基づく評価 –

UPDATE - 2021.1.23
  • 日程

    終日視聴可能

     

    受付時間 - 終日
講師 今井亮太 先生 佐藤剛介 先生 重藤隼人 先生 田中陽一 先生 
形式 アーカイブ受講
参加費 5,500円(税込)
お支払い方法 銀行振込 / クレジット決済
備考欄 ・セミナー動画の視聴はリハデミー”無料会員”登録が必要ですので、視聴前にご登録よろしくお願いいたします。

DETAIL

概要

【配信に関して】
アーカイブ受講のため、以前開催したセミナー動画をメールにてお送りします。
お申し込み後に決済情報と動画URL,資料ダウンロードURLを配信します。
URLからお手続き、ご視聴いただけますので、ぜひご利用ください。

 

【講義概要】
痛みは整形外科や中枢神経疾患、あるいは他の疾患において、
臨床でも頻繁に遭遇する問題の一つであります。
痛みへの対処が適切になされず、痛みが慢性化した場合には、
日常生活や生活の質を低下させる大きな要因となります。
この20年余りの間に痛み対する研究が飛躍的に進み、
痛みのメカニズムが科学的検証されることで新たな視点が生み出されてきました。
本講習会では、痛みへの適切な対処を行うために、
基本的知識および評価方法等を新しい科学的根拠に基づき解説していきます。
各論では、臨床でも難渋する中枢神経疾患の神経障害性疼痛や
慢性腰痛に対するリハビリテーション、
慢性疼痛に対する心理社会アプローチについて紹介します。

 

 

【講義内容】
■第1講座:痛みとは-慢性化するメカニズム-
 講師:今井亮太 先生
<学習目標>
痛みの基本的な知識の獲得と、慢性化するメカニズムを理解し習熟する。
<学習内容>
痛みの概論、急性疼痛から慢性疼痛を引き起こす可能性がある因子やメカニズムなどを紹介する。
その後、よく使用されている評価などを紹介する。

 

 

■第2講座:神経障害疼痛の評価とアプローチ-脳卒中・脊髄損傷後疼痛を中心に-
 講師:佐藤剛介 先生
<学習目標>
神経障害性疼痛の基礎的メカニズムおよび評価方法と脳卒中・脊髄損傷後の神経障害性疼痛の特徴を理解し、
現在行われているアプローチを列挙することができる。
<学習内容>
神経障害性疼痛の概論、神経障害性疼痛の疫学と発症メカニズム、神経障害性疼痛の評価、
各論として脳卒中および脊髄損傷後疼痛の疫学・メカニズム・アプローチを説明し、
これからの課題と方向性を示す。

 

 

■第3講座:侵害可塑性疼痛の評価とアプローチ-慢性腰痛を中心に-
 講師:重藤隼人 先生
<学習目標>
侵害可塑性疼痛を心理的側面と身体認知側面に分類し、
各々の病態および評価方法を理解し、
慢性腰痛の病態に基づくアプローチの実際について理解することができる。
<学習内容>
痛みの定義、痛みの病態分類(侵害受容性疼痛・神経障害性疼痛・侵害可塑性疼痛)を概説した上で、
侵害可塑性疼痛の病態メカニズム、侵害可塑性疼痛の評価(心理的側面、身体認知的側面、中枢性感作の評価)、
各論として慢性腰痛を例に病態メカニズムに基づいたアプローチの説明を行う。

 

 

■第4講座:慢性疼痛に対する心理社会的アプローチ
 講師:田中陽一 先生
<学習目標>
慢性疼痛に対するリハビリテーション介入の目的を理解し、
心理社会的要因の評価に基づくアプローチの実際について理解することができる。
<学習内容>
慢性疼痛に対するリハビリテーション介入の目的を示し、
必要な評価(心理社会的要因、疼痛律動性)について説明する。
また、疼痛管理、痛みの対処方略、目標共有といったアプローチ手法を説明し、
慢性疼痛患者に対する具体的な介入方法を紹介する。

SPEAKER

講師紹介
理学療法士
学校法人 河﨑学園
大阪河﨑リハビリテーション大学
リハビリテーション学部 理学療法学専攻 助教

今井亮太先生

理学療法士
地方独立行政法人 奈良県立病院機構
奈良県総合医療センター リハビリテーション部
畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター

佐藤剛介先生

理学療法士
畿央大学大学院健康科学研究科
神経リハビリテーション学研究室
三浦内科みちこ小児科クリニック

重藤隼人先生

作業療法士
畿央大学大学院健康科学研究科
神経リハビリテーション学 研究室
地方独立行政法人 奈良県立病院機構
奈良県総合リハビリテーションセンター

田中陽一先生

オンラインセミナーのお申し込みに際しての注意点

  1. 入場受付は開講時刻の30分前より開始致します。
  2. セミナーの定員がある場合は、先着順となります。
    お申し込み後のご入金は3日以内をお願いしております。
    銀行振込での決済の場合は確認にお時間をいただくため即時ご案内送付ができない場合がございます。
    ご入金が確認できない場合は、セミナー詳細のご案内が配信されませんのでご注意ください。

    ご入金後5営業日以内に当事務局よりご案内がない場合は、お手数ですが
    その旨をご連絡いただきますようお願い申し上げます。
    なお、ご入金後のキャンセルを承れるのは開催日10日前の17時半までとさせていただきます。
    期日以降のキャンセルおよび当日欠席された場合、
    いかなるご理由でものご返金は致しかねますのでご了承ください。

    ご返金の際には事務手数料(振込手数料込み)としまして
    受講料の10%をお客様のご負担とさせていただきます。
    手数料10%を差し引いた金額を入金致しますのでご了承ください。
    なお、ご返金時期に関しましては当月の月末(25~30日の間)でのご対応となります。
    ご返金後はこちらから完了メールをお送りします。
  3. お申し込みと同時に自動返信メールが届きます。
    迷惑フォルダ等に分類される場合がございますので、ご確認をお願いいたします。
    届かない方はお手数ですが、弊社HPのお問い合わせフォームから
    ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
  4. 弊社オンラインセミナーでは復習用動画として、収録動画を配布することがありますが、
    動画の転載、譲渡は固く禁じております。なお、あくまで参加特典でございますので、
    資料、動画をお配りできない場合もございます。
    その際のクレーム等は一切受け付けておりませんので、ご了承ください。
  5. 後日(3~7日程度)、復習用動画を皆様へメールでご案内いたします。
  6. セミナーの復習用動画、アーカイブ受講にて配布の動画は、
    弊社オンライン学習サイト「リハデミー」の無料会員登録もしくは有料会員登録が必要となります。
  7. 領収書は開催後にメールにてご案内をお送りします。
  8. 諸般の事情により日程が変更になる際は速やかにメールにてご連絡を差し上げます。
  9. オンラインセミナー開催時には収録・撮影が入ります。ご参加いただく場合、
    撮影許可を頂いたこととさせていただきます。あらかじめご了承ください。
前の記事

リハビリテーション専門職のための発達学講義
– 社会性の発達 –

次の記事

理学療法士と医師の視点から
リハビリテーションのために心不全ガイドラインを読み解く
– Essential course –