理学療法士と医師の視点から
リハビリテーションのために心不全ガイドラインを読み解く
– Essential course –

UPDATE - 2021.3.11
  • 日程

    終日視聴可能

    受付時間 - 終日
講師 渡会昌広 先生 
形式 アーカイブ受講
参加費 5,500円(税込)
お支払い方法 銀行振込 / クレジット決済
備考欄 ・セミナー動画の視聴はリハデミー”無料会員”登録が必要ですので、視聴前にご登録よろしくお願いいたします。

DETAIL

概要

【配信に関して】
アーカイブ受講のため、以前開催したセミナー動画をメールにてお送りします。
お申し込み後に決済情報と動画URL,資料ダウンロードURLを配信します。
URLからお手続き、ご視聴いただけますので、ぜひご利用ください。

 

【講座概要】
セラピストは内科疾患、特に循環器領域に対して苦手意識があるのではないでしょうか。
少なくとも自分はそうでした。

正しい知識に基づいたリハビリテーションを施行するためのテキストとして、
最も適切で、誰もが入手できる「ガイドライン」があります。

循環器疾患の中でも、代表的で全身の理解を要する「心不全」を今回のテーマとしました。
理学療法士をしていた頃の自分に教えるように「心不全ガイドライン」を解説します。

 

【講座内容】
■第1講座:そもそも心不全とは
■第2講座:心不全の検査・診断
■第3講座:心不全の治療方針
■第4講座:併存疾患
■第5講座:急性心不全
■第6講座:慢性期の心不全管理

SPEAKER

講師紹介
社会医療法人社団 森山医会
森山記念病院 循環器内科 医師
理学療法士
日本内科学会認定内科医
心臓リハビリテーション指導士
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
日本循環器学会認定循環器専門医

渡会昌広先生

オンラインセミナーのお申し込みに際しての注意点

  1. 入場受付は開講時刻の30分前より開始致します。
  2. オンラインセミナーの場合、実名でのご参加をお願いしております。
    アカウント名を実名に変更いただき、時間に余裕を持ってご参加ください。
  3. セミナーの定員がある場合は、先着順となります。
    お申し込み後のご入金は3日以内をお願いしております。
    銀行振込での決済の場合は確認にお時間をいただくため即時ご案内送付ができない場合がございます。
    ご入金が確認できない場合は、セミナー詳細のご案内が配信されませんのでご注意ください。

    ご入金後5営業日以内に当事務局よりご案内がない場合は、お手数ですが
    その旨をご連絡いただきますようお願い申し上げます。
    なお、ご入金後のキャンセルを承れるのは開催日10日前の18時までとさせていただきます。
    期日以降のキャンセルおよび当日欠席された場合、
    いかなるご理由でものご返金は致しかねますのでご了承ください。

    ご返金の際には事務手数料(受講料の10%)と振り込み手数料をお客様のご負担とさせていただきます。
    なお、ご返金時期に関しましては当月の月末(25~30日の間)でのご対応となります。
    予めご了承ください。ご返金後はこちらから完了メールをお送りしますのでご確認ください。
  4. お申し込みと同時に自動返信メールが届きます。
    迷惑フォルダ等に分類される場合がございますので、ご確認をお願いいたします。
    届かない方はお手数ですが、弊社HPのお問い合わせフォームから
    ご連絡いただきますようお願い申し上げます。
  5. 弊社オンラインセミナーでは復習用動画として、収録動画を配布することがありますが、
    動画の切り抜き・転載、譲渡は固く禁じております。なお、あくまで参加特典でございますので、
    資料、動画をお配りできない場合もございますし、急遽視聴期限が設定されることもございます。
    その際のクレーム等は一切受け付けておりませんので、ご了承ください。
  6. 特典の復習用動画に関しては、セミナー終了後、約5~7日程度で皆様へメールでご案内いたします。
  7. セミナーの復習用動画、アーカイブ受講にて配布する動画は、
    弊社オンライン学習サイト「リハデミー」の無料会員登録もしくは有料会員登録が必要となります。
  8. 領収書は開催後にメールにてご案内をお送りします。ご希望の方は専用フォームよりご連絡ください。
  9. 諸般の事情により日程が変更になる際は速やかにメールにてご連絡を差し上げます。
  10. オンラインセミナー開催時には収録・撮影が入ります。ご参加いただく場合、
    撮影許可を頂いたこととさせていただきます。あらかじめご了承ください。
前の記事

疼痛へのアプローチ
– 科学的根拠に基づく評価 –

次の記事

失認 – 視覚失認を中心に総論から評価・介入まで –